FC2ブログ

AKB48 37thシングル選抜総選挙予想

 20, 2014 22:12
◎37thシングル選抜メンバー◎

1位 宮澤佐江
2位 渡辺麻友
3位 指原莉乃
4位 山本彩
5位 松井珠理奈
6位 松井玲奈
7位 柏木由紀
8位 生駒里奈
9位 横山由依
10位 小嶋陽菜
11位 高橋みなみ
12位 島崎遥香
13位 須田亜香里
14位 木崎ゆりあ
15位 川栄李奈
16位 宮脇咲良


◎アンダーガールズ◎

17位 渡辺美優紀
18位 柴田阿弥
19位 朝長美桜
20位 北原里英
21位 高柳明音
22位 松村香織
23位 小嶋真子
24位 峯岸みなみ
25位 山田菜々
26位 梅田彩佳
27位 高城亜樹
28位 古川愛李
29位 兒玉遥
30位 藤江れいな
31位 西野未姫
32位 田島芽瑠


◎ネクストガールズ◎

33位 薮下柊
34位 多田愛佳
35位 田野優花
36位 倉持明日香
37位 市川美織
38位 岡田奈々
39位 大場美奈
40位 入山杏奈
41位 木本花音
42位 大矢真那
43位 上西恵
44位 岩田華怜
45位 高橋朱里
46位 斉藤真木子
47位 永尾まりや
48位 石田晴香


◎フューチャーガールズ◎

49位 北川綾巴
50位 矢倉楓子
51位 古畑奈和
52位 梅本まどか
53位 岩佐美咲
54位 東李苑
55位 武藤十夢
56位 佐藤すみれ
57位 小林亜実
58位 吉田朱里
59位 小笠原茉由
60位 渋谷凪咲
61位 松井咲子
62位 内田眞由美
63位 前田亜美
64位 磯原杏華


◎アップカミングガールズ◎

65位 上枝恵美加
66位 岩立沙穂
67位 大家志津香
68位 中西智代梨
69位 小谷里歩
70位 加藤夕夏
71位 川上千尋
72位 江籠裕奈
73位 木下有希子
74位 岸野里香
75位 島田晴香
76位 谷真理佳
77位 久代梨奈
78位 室加奈子
79位 秋吉優花
80位 谷川愛梨

◎アップカミングガールズ◎
今年から新設された枠なので、いままでにないメンツを選んでみた。大家、小谷、木下(有)、岸野、島田、谷川などの選抜クラスなのにランクインしないメンバーに、なんとかスポットが当たってほしい。あとのメンバーは完全にぼくの好み(笑)。

◎フューチャーガールズ◎
ぼくの推しの内田眞由美は、新設されたアップカミングガールズではなく、この位置以上に入ってほしい。他、SKEメンバーはよくわからないので、去年の順位を参考にした。古畑とか吉田とか、なぜ今まで圏外だったのか不思議。

◎ネクストガールズ◎
このあたりも微妙な順位すぎて、理屈を語れるほど順位付けに根拠があるわけではない。ほとんどが中堅どころだが、メディア露出の多い若いメンバーがこのあたりに来るのではないかと思う。岩田の順位が高過ぎると言われるかもしれないが、好きなので許してほしい。

◎アンダーガールズ◎
渡辺美優紀は「例の件」で人気が下降しているのではないかと思う。去年は15位だったから、落ちるとしたらこのあたりが限界か。三銃士の中では小島がいちばん上位になるのではないかと思う。岡田、西野にはパフォーマンスでは劣るが、親しみやすさでは優ると思うので。

◎37thシングル選抜メンバー◎
16位/宮脇咲良
HKTから指原以外に選抜入りしてほしいし、するとしたら彼女だと思う。最近は日に日に成長し、魅力がうなぎのぼりに上がっている。その勢いで一気にここまで来ても不思議はない。

15位/川栄李奈
AKB48の若手で選抜入りするには、ヲタ以外での知名度の高さが必要不可欠。その点、川栄ならヲタだけでなく、一般的なファンにも受けがいい。選挙がなくても、いずれ選抜常連になっていくはず。

14位/木崎ゆりあ
新天地で活動を始める木崎に、SKEヲタがエールを送らないわけがない。徐々に順位も上がってきているし、ここは大チャンスのはず。とはいえ、さすがに上にいるメンバーが強すぎるので、このくらいが限界かも。

13位/須田亜香里
去年はSKEヲタのがんばりが、まさかの選抜入りを実現させたが、今年は関ジャニの番組出演などで、それに加えて一般層からの支持も得られそう。とはいえ、以下、木崎と同じ理由でこれ以上は頭打ちなのでは?

12位/島崎遥香
去年と同じ順位で「安定のぱるる」と言われてほしいので(それだけかよ)。積極性がないため一般層からの支持はあまり得られず、したがって現状維持ということになるのではないか。

11位/高橋みなみ
高橋の努力や知名度というのはあまり関係なく、新興勢力の伸びがそれを上回るのではないかと予想した。押し出されて、このあたりに落ち着きそう。

10位/小嶋陽菜
これも高橋みなみの理屈と同じ。それでも、高橋みなみより上なのは、一般知名度の高さがあるから。

9位/横山由依
毎年順位を上げてきているし、今年はアリジナルメンバーを抜くべき。横山が高橋、小島をいつまでも抜けなければ、これからのAKBが弱体化してしまうと思うので、期待を込めてこの順位と予想した。

8位/生駒里奈
乃木坂46の最新CDの売上は45万枚ほど。この潜在力は侮れない。乃木ヲタは生駒に恥をかかせるようなことはしないだろう。SKEのエースと時限トレードをしたのだから、そのくらいの気概をみせてほしい。

7位/柏木由紀
本来はセンターを獲ってもおかしくないが、何度かの機会にそれをモノにできなかったのが痛い。アイドルとしての最盛が過ぎようとしているというわけではないが、これより上位のメンバーに勢いがあるため、割りを食うかたちになるのではないか。

6位/松井玲奈
玲奈ヲタには申し訳ないが、やはり、玲奈は珠理奈には勝てないと思う。越えられない年齢の壁が大きい。天才型の珠理奈のパフォーマンスが高すぎるため、努力型の玲奈には越えられないような…。

5位/松井珠理奈
順当にいけば、いつかは一位になる資質と実力がある。しかし、今はまだ、なんだかんだ言ってもAKBが強い。その壁を壊せるはずの珠理奈であっても、今年はこれより上位が強すぎる。

4位/山本彩
とにかく握手会人気がすごい。劇場盤をたくさん買うヲタが想像以上にいるのではないか。神7入りしても、なんの不思議もない。

3位/指原莉乃
競馬にたとえると、去年は無警戒のまま逃げ、他の騎手たちも「いずれ足がなくなるだろう」と高をくくっていたからこその1位だったと思う。さすがに今年はまゆゆヲタも突っ込んでくるだろう。そう簡単にはハナを奪えないはず。

2位/渡辺麻友
グループでいちばんかわいい子はセンターにいるべきではない、というのがぼくの理論なので、まゆゆは脇を固めるべきだし、柏木同様、何度もセンターを獲る位置にいたのに獲れなかったのは残念。

1位/宮澤佐江
まず考えたのは、大島優子に投票された13万票の行方とその意味。ヲタが約半分だと考えても7万票ほどは浮く。ぼくはこれが「初代チームK」に流れたら面白いと考えた。となると、それに適う、もっともふさわしいメンバーは彼女だ。
いま初代チームKのメンバーは梅田彩佳、小林香菜、宮澤佐江の三人のみ。この中のだれかに「チームK魂」を託すとしたら、いちばんの適任は宮澤佐江だろう。彼女が与えられた試練の数々と、いま彼女が立っている「場所」に思いを馳せるなら、ここで応援しないで、いつ応援するのか。
去年、宮澤佐江が獲得した票数は約6万6000。ここに7万票が加わると約14万票となる。指原への票が一割減れば13万票となり、宮澤佐江に勝機はある。すべてが理想通りにいくことが前提になってはいるものの、決して無謀な予想ではないと思う。

■速報前の予想なので、めちゃくちゃハズしてるかも…(笑)。

COMMENT 2

上戸ともひこ  2014, 05. 24 [Sat] 08:45

Re: No title

>熱AKBさん
 コメントありがとうございます。
 たしかに読みが甘いですね。「こうなったらいいな」という願望込みなのですが。
 でも、まだ確定じゃないので、最終的にこの予想がどれだけ当っているのか楽しみです。

Edit | Reply | 

熱AKB  2014, 05. 23 [Fri] 08:40

No title

よみがあまいのう

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?