FC2ブログ

今年の見たライブと、そのトップ5。

 31, 2014 18:14
 今年は自分史上最高のヲタ活動ができた年でした。
 行ったライブを挙げていくと…

 04/05 NMB48 『AKB48グループ 春コン ~思い出は全部ここに捨てていけ! ~』(さいたまスーパーアリーナ)
 04/13 AKB48横山チームA『ウエイティング』公演(AKB48劇場)
 06/22 SKE48チームE『手をつなぎながら』公演(SKE48劇場)
 06/27 HKT48チームH『青春ガールズ』公演(HKT48劇場)
 06/28 LinQ第483回公演(福岡天神ベストホール)
 09/23 LinQ「ウェッサイ!!ガッサイ!!」リリースイベント(東武百貨店池袋店屋上「スカイデッキ広場」)
 09/28 AKB48チーム8『パーティーがはじまるよ』公演(AKB48劇場)
 10/12 AKB48チーム8『パーティーがはじまるよ』出張公演(SKE48劇場)
 10/18 AKB48チーム8『パーティーがはじまるよ』公演(AKB48劇場)
 11/02 SKE48リクエストアワーセットリストベスト242 2014(名古屋国際会議場 センチュリーホール)
 11/09 AKB48チーム8ライブ(〈DRIVING KIDS FES. in 茨城〉特設ステージ)
 11/23 LinQ Lady Super Live Tour 2014 ☆ Club Night in Tokyo ☆(VISION)
 11/24 AKB48チーム8『パーティーがはじまるよ』公演(AKB48劇場)

 ぼくはあんまりライブには行かないので、年間13回は人生最多です。
 そして、この中から、特に良かったライブ、トップ5を決めました。

 【第5位】
 ◆LinQ第483回公演(福岡天神ベストホール) 06/28
 前日に見たHKT劇場公演の「ついで」に見に行ったのですが、ぼくの想像を遙かに超えた、すばらしいステージでした。
 LinQは『タマフル』で触れられてから気にはなっていたものの、福岡ではなかなか見に行けず、どうせ行くならHKT48とセットで…と思っていました。正直言って、新鮮味という役が一翻乗っていましたが、前日に見たHKT48と同じくらいLinQにヤラれました。特に、深瀬智聖さんの美しさには一目惚れして、LinQコインで深瀬さんの物販に並んで生写真をもらいました。他にも魅力的なメンバーはたくさんいるので、また機会があれば天神ホールに行きたいと思ってます。

 【第4位】
 ◆AKB48チーム8『パーティーがはじまるよ』公演(AKB48劇場) 09/28
 ヲタ友だちが同伴で申し込んでくれて、初めて見たのがこのチーム8公演でした。チーム8にはあまり興味がなかったのですが、8月に放送された『AKB48ネ申テレビ SEASON16』の「チーム8合宿!」編で興味がわいてきたところでの、公演当選というタイミングでした。そして、いまの48グループメンバーのほとんどに感じられない初々しさ(あたりまえのことであって、それがいけないという意味ではありません)に一発でヤラれ(またか)、左伴彩佳という推しまでできてしまう始末…(笑)。チーム8は47人という「48グループ最大のチーム」で、公演ごとにメンバーが少しずつ入れ替わるにもかかわらず、その「チーム感」がとても感じられて、「箱推し」しがいのあるチームだと思いました。
 今年はぼくの大好きなNMB48チームBⅡが大組閣で「解体」され、その後も新生チームBⅡは推し続けているものの(もちろん今でも好きですよ)、申し込む公演はすべて落選、さらに48グループでいちばん好きだった小林莉加子の卒業が重なり、「がっつりとしたチーム推し」にぽっかりと穴が開いていたころでした。
 そこでチーム8を「見てしまった」のが運の尽き…(笑)。
 いくら応募しても当たらないチームBⅡよりも、9月以降だけで5回もライブを見られたチーム8に気持ちが移っていることは事実です。とはいえ、これからもチームBⅡ公演は申込みますよ!

 【第3位】
 ◆SKE48リクエストアワーセットリストベスト242 2014(名古屋国際会議場 センチュリーホール) 11/02
 ぼくがセンチュリーホールで見たリクアワは、11/02の昼の部だけでしたが、あとの三公演は映画館のライブビューイングで見ました。
 通して見て感じたのは、リクエストアワーという企画の斬新さでした(今ごろ…ですが)。毎年順位が激しく入れ替わるこのライブは、ヲタたちが作る、「その年の物語」なんですよね。ライブビューイングを含むとはいえ、それを通して見られたことでSKE48をより深く知れました。
 生のステージでいちばん印象に残っているのは、チームSのカップリング曲での山内鈴蘭。今まで、彼女があんなに激しく踊れるとは思っていなくて、ダンススキルの高いSKEであれだけ目立っていたのはすごくて、厚感でした。ライブビューイングでは気付かなかったと思うので、あのときあの会場にいられたのは本当に良かった。それから、途中のMCの、田中菜津美の堂々とした振る舞いもすばらしかったです。
 それと、これはライブビューイングでの観覧だったのですが、第三位の『目が痛いくらい晴れた空』の五期生たちの、荻野利沙との絆の物語には、詳しい事情を知らないぼくでも感涙ものでした。休養→復帰という流れが元NMB48チームBⅡの小林莉加子を彷彿させたからですが、名古屋からの帰り道には早速、iTunes Storeで『目が痛いくらい晴れた空』を買ったくらい、この曲が好きになりました。

 【第2位】
 ◆SKE48チームE『手をつなぎながら』公演(SKE48劇場)06/22
 初めてのSKE48劇場体験は、チームEでした。最初のうちは、前から気になっていた磯原杏華やAKB時代からちょっと好きだった佐藤すみれに注目していたのですが、HKTから移籍した谷真理佳がテレビとはちがってめちゃくちゃエロかったり、斉藤真木子の小さなヤンキー感とか、小石久美子のデタラメさ(褒め言葉)とか、柴田阿弥と須田亜香里の評判以上のダンスのすばらしさに感動しました。SKEの他のチームは見てないのですが、チームEが最高なんじゃないですかね(笑)。残念なのは松井玲奈がいなかったこと。忙しいのはわかるけど、メディア仕事よりも劇場公演を優先してほしいというのは、ヲタのわがままなんでしょうかね、AKSの皆さん?
 あと、個人的にはこのときにSKEヲタのお友だちができたのがうれしいなあ、と…。

 【第1位】
 ◆AKB48チーム8『パーティーがはじまるよ』出張公演(SKE48劇場)10/12
 AKB48劇場とはちがうメンバー構成のため、遠征してでも見る価値があると思い、応募したら当選しました。
 行きの新幹線の中で、iPadで『AKB48ネ申テレビ SEASON16』の「チーム8合宿!」編を見返しつつ、着いたらそのまま公演観覧を見たものだから、死線をくぐり抜けてきたメンバーたちがステージに現れた時点で、抑えきれないほどの涙が出てきました。特に服部有菜の笑顔にはヤラれました。ライブでこんなに泣けたのは初めて。
 劇場のヲタたちの雰囲気も、なぜかこの日はとても良くて、盛り上がりが凄まじかったです。そのテンションの高さに、横道侑里がMCで嬉し涙を見せるなど、メンバーたちの雰囲気もこれまでにぼくが体験したことのなかったものでした。
 この日は中部・関西エリアのメンバーが中心で、横道侑里のダンスバーサーカーぶりとか、濱咲友菜のおこちゃまぶりとか、山本瑠香の「よよよよよよよよ」っぷりとか、大西桃香と藤村菜月のなんだかわからないエロさとか、お色気担当と言うわりにはそれほどでもなかった山本亜依とか(かわいい、のほうが際立ってる)、太田奈緒の深瀬智聖っぽさとか、あいかわらずリスみたいにかわいい永野芹佳とか、そしてチーム8でいちばん美しい左伴彩佳とか、とにかく泣けて、楽しくて、あっという間に終わってしまった公演でした。
 また、同じメンバーでの公演を見てみたいものです。

 とまあ、おおまかに書いてきましたが、今年はどうしても見たかったライブがありました。生で見ていれば、不動の1位になったことはまちがいないライブ――それはNMB48 リクエストアワーセットリストベスト50 2014です。
 5月21日と22日にオリックス劇場で開催されたこのライブで1位になった曲は、チームBⅡ『アーモンドクロワッサン計画』。この時点ですでに大組閣による新チーム体制は始動していましたが、このときステージには旧チームBⅡの、卒業したメンバーを含む、最強の16人がそろいました。
 これはぼくの邪推ですが、NMB48の運営の中には、大組閣を快く思っていない人が少なからずいたのではないでしょうか? このときに新生チームBⅡで『アーモンドクロワッサン計画』を歌ってもかまわないのに、運営はそれをしなかった。もちろん、この曲が1位になった意味を汲んでのことでしょうから、そこまで深い意味はないかもしれません。しかし、それでもあの16人が、これ以上ない最高の栄光をつかんだときに再集結したことはNMB48史上に残る出来事です(というか2015年のNMB48ニュースのベスト1でしょう)。集まってくれた卒業生三人の心意気も涙がでるほどうれしい。
 平日開催だったので、申込みの時点で応募さえ断念してしまったライブでしたが、行ったら行ったで、この場面では膝から崩折れて号泣し、まともにライブを見られなかったと思います。でも、生で見たかった…。

 と、あれこれ書きながら、来年もまた、たくさんのライブを見たいなあと実感した、大晦日の夕方でした。
 今年のブログの更新はこれでおしまいです。
 また、来年もよろしくおねがいします。『マジすか学園』の小説も、続きはちゃんと書くつもりです(笑)。

 それでは、良いお年を!
 adieu!(えみち風に)

 

COMMENT 0

WHAT'S NEW?