FC2ブログ

『アイドリング!!!』おれ日記-256。

 21, 2008 03:31
 「大好評イーソーシリトリ!リベンジ安田美沙子に新人アイドル登場
【イーソーシリトリ!!!】えらい人に食事に連れて行ってもらった時KYな人が言いそうなセリフ ”あたし清純派”って誰のこと?アイドルライセンス剥奪も?!/【お願い!ファン様!!!テーマ】アイドリング!!!辞典「外岡えりか」とは? バカ9人組の構成は?!」

 【イーソーシリトリ!!!】はまたまたゲストの登場。安田美沙子と池田夏希のふたりだ。池田は20歳ということで加藤がイジられるが加藤は簡単にスルー。もう慣れちまったんだろうな、こういうこと言われるの。
 テーマは「えらい人に食事に連れて行ってもらった時KYな人が言いそうなセリフ」。
 安田の「けっこう経費で落ちますよね」は業界慣れしてるなぁ、って感じだ。以前、コミケにサークル参加したときに隣のコスプレサークルでモデルをしている女の子が札の勘定をしているのを見たときみたいな感覚になった。よくわからん例えだけど。
 最初にアウトになったのは江渡ちゃんで、今回はしっかりと口を開けていた。
 「デザートも頼んでいいですか?」の滝口も罰ゲームでは口を開け、アイドルのライセンスを剥奪される。けど、滝口は「元々持ってないです」と、滝口にしてはナイスなツッコミ(笑)。
 遠藤は罰ゲームが終わったあと、「長い・・・」と一言。口の中の水分がなくなっていくみたいだからキツいだろうなぁ。
 キツそうだったのは次の外岡。升野曰く「ガキデカ」みたいな顔ということだが、ホントに似てる。そうか、外岡はガキデカだったのか。
 次のアウトはゲストの池田。ほとんど口を開けていないのに「乾く」と言い、メンバーからのツッコミを受ける。うーん、ゲストも思いっきりやっちまったほうが面白いと思うんだけど。
 フォンチーはいつものように無難に罰ゲームをこなす。なんだ、この言い方。
 小泉の「セイジ専務と食事しても・・・」は、いかにも小泉らしい言葉だ。だれなんだ、「セイジ専務」って?
 イーソー様に押さえつけられるとき、「わたし清純派・・・」と言い残した谷澤は、もちろん口を開けまくり。かわいらしいなぁ。
 加藤はベテランらしく、れもきちっと自分の仕事をこなした。こなしたって、そんな言い方ないだろ。
 最後に横山がアウトになり、優勝は安田。ゲストが残っちゃうのは正解なのかどうなのか、よくわからないけど仕方ない。安田が口を開けるとこ、見たかったけどアウトになってもやらないんだろうな。ちと残念。

 【お願い!ファン様!!!】のテーマは「アイドリング!!!辞典「外岡えりか」とは?」。
 江渡ちゃんのネタは「アイドリング!!!女優候補の脱落者」。小泉の「女優って大変な仕事なんだよ」に始まり、「女優っぽくないじゃん」という言葉は何気にすごい爆弾を江渡ちゃんに投げつけていると思う。
 フォンチーのネタは「お口が鉄壁」。これを見た瞬間、「お口」って単語からド下ネタかと思ってしまったぼくは、やっぱり喪なんだろうな。
 加藤のネタは「芸能人じゃなくて業界人」。外岡って、たしかに業界用語使っていそう。
 CS放送終了間際の一言は外岡の「スーシー」。オンデマンドでは「シースー」でしょう、とみんなに言われまくっていた。
 遠藤のネタは「メンバー内で一番持ちギャグが多い」。けど、外岡自身も言うように「間が読めなかった」ときのものまで持ちギャグにしちゃうとなんでもアリじゃん。
 小泉のネタは「もうちょっと肩の力を抜いたらいい感じの子かな」。そう言う小泉は力を抜きすぎ(笑)。けど、外岡もそんなに力が入っているようにも思えないけど。
 外岡は「本当に面白いのは瑠美ちゃん」と言っていたが、それには激しく同意。そのあとの「いつもニコニコ、にんっ」も、ぼく的には大爆笑だったし。
 滝口のネタは「本当は「そとおか」さん」。たしかに「トノオカ」って読めないよね。
 谷澤のネタは「覚えたての業界用語を使いたがる」。外岡が「ケツカッチン」と言っていたので「ゴムパッチン」をしたい、と自分が考えてきたネタを言うときの、谷澤の照れながらの感じがなんとも・・・。いや、一生懸命考えたんだよね、谷澤(笑)。
 横山のネタは「DB(ディズニーバカ)」。みんながなんのバカか言っていく横山だが、最後にオチをつけたのは升野の「DB=デブバカ」。たしかにこっちのほうが外岡に合ってるよ。
 外岡のネタは「みんなの癒しの存在」。うーん、外岡って癒すとかいうイメージないな、申し訳ないけど。でも自分がバカをやることでみんなを癒したいという外岡の気持ちは大切だ。それをずっと失わないでね。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?