FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨まったり記-15

 01, 2008 06:30
 そしてやがておニャン子クラブのアルバム在庫はなくなってしまいました。そんなときのためにぼくが持ってきておいたのはアイドリング!!!の1stアルバム『だいじなもの』でした。
 オープニングのラップ調のイメージ曲「The theme of "Idoling"」はあまり好きではない、という夏希さん。ぼくはこの曲を聞くと、品川ステラボールでおこなわれた初の有料ライブを思い出し、「あのときは品川まで自転車で行ったなぁ」とか「その道すがら聞いた『おぎやはぎのメガネびいき』で原幹恵があえぎ声を出していたなぁ」とか、いろんなことが脳裏によみがえってくるため、決して嫌いではありません。音楽というのはなぜ情景や気持ちとワンセットになるんでしょうか? 不思議です。
 さて、そんな中、いよいよ車は大月に近づいてきました。目的地のリニア見学センターまではあと5分くらいです。なにしろリニアモーターカーと言えば、科学の粋を集めた最先端の技術ですし、これを開発するのには莫大な労力と税金が投入されています。そのリニアモーターカーの施設を見学するためのセンターなのですから、これはさぞかし派手に宣伝されていて・・・って、案内板小っちゃ!!!
 そう、リニア見学センターへ向かうための看板はあちこちにあったのですが、そのどれもがどちらかといえば地味で、これなら相模湖ピクニックランドの案内板のほうが大きくて派手でした。カーナビに施設が登録されているので迷うことはありませんでしたが、そうでなければ本当にこの先に未来の科学を研究している施設があるとは思えなかったでしょう。
 そしていよいよ、センターまでもう少しというところでかかった曲は、「Like a Shooting Star」でした。宇宙を思わせる詩のこの曲は、ぼくのお気に入りの歌でした。これも聞くと、品川ステラボールのあの夜を思い出します。車のフロントガラス越しに見えてきたのはどうやらリニア線の高架線路で、無機質なその外観には未来っぽさは少しもありませんでした。だって、リニアモーターカーと言えば、透明なチューブの中を走っているはずなのに!!!
 そんな軽い失望を味わいつつも、ぼくは案内にしたがって車を走らせ、ようやくリニア見学センターの駐車場にたどり着きました。センターの駐車場は50台くらいの車が停められそうな広さですが、土曜日なのにも関わらず、そこにはたった1台の車しかありませんでした。あたりも静まり返っています。
 もしかしたらリニアモーターカーなんてウソっぱちではないか、ここは面白かったころの『銭金』でよく紹介されていた、だれかがリニアモーターカーに便乗して勝手に作ったテーマパーク的な施設ではないのか、とさえ思ってしまいました。
 しかし、車を降りると、そこには巨大な変電設備があります。これはいくらなんでも『銭金』に出るようなビンボーさんが作れるような代物ではありません。
 今日の走行実験は終わってしまったから、きっと観光客もみんな帰ってしまったのだろう、と自分を納得させつつ、ぼくは夏希さんとセンターの建物へと向かいました。

 つづく

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。